「住まいづくり」は
しあわせづくり

Trinityhouse(トリニティハウス)の
"Trinity"は"三位一体"の意味。
家づくりを依頼する「お施主様」
家づくりを提案する「建築家」
家づくりをカタチにする「匠」
この3つの良好な関係があってこそ、
本当の意味で
満足感のある住まいづくりができると考えます。

そして、私たちの提案する家づくりは、
住む人の暮らしに合わせた家づくり(プラン)
住む人が心地よいと感じる家の空間(デザイン)
住む人が心地よいと感じる家の性能(快適・安心)
このトータルのバランス(三位一体)だと
考えております。

心地よさの感じ方は、十人十色。
どんなに性能のいい家を建てても、
どんなにセンスの良い建築デザインでも、
住む人が心地よいと感じられるとは限りません。
自分にとっての心地よさを
見つけることが大切です。

まず、ベースとなるのが
「暮らしに合わせた家づくり」


「どんな暮らしがしたいのか?」を描いて、
住む人のライフスタイルや価値観を
しっかり反映させた
「自分らしいプラン」を見つけていきます。

そして
「なにが自分にとって心地よいと感じるのか?」を
「心地よいと感じる家の空間」と
「心地よいと感じる家の性能」
の両面から
「自分らしいプラン」を
具体的にカタチにしていく。

これが理想の住まいを手に入れる確実な手順で、
建てたときも、10年後も、30年後も、
心地の良いと感じられる住まいになると
確信しています。

家づくりの具体的な進め方について

初めての方には、個別の資金計画相談をおすすめしております。
どんな住まいにするかイメージが固まっていない方は、好みの空間イメージを明確にするところから始めてみてはいかがでしょうか?弊社ではインテリアや空間イメージから住まいづくりを始めるなど、様々な工夫でお客様のイメージを明確にするお手伝いをしています。

既に検討が進んでいる場合は、現状のプランや見積を元に比較検討のお手伝いを致します。
どのような段階だとしても、私たちの提案する家づくりは変わりません。

「住まいづくりはしあわせづくり」という原点を忘れずに、必要なことを順番に解決していくことであなたにとっての理想の幸せな家づくりを必ず実現できます。

株式会社トリニティハウス
代表取締役 杉山 淳
詳しくはこちら

最高の住み心地は、『デザイン』×『間取り』×『家の性能』

いい家とは、『あなたが心地よいと感じる空間デザイン』『ライフスタイルにあった間取り』、『1年を通じて快適で安全な性能』これら全てがバランスよく備わっている家です。


トリニティハウスに発信致します。
よろしいですか?