よく見られている質問

家づくりの費用にはどのようなものがありますか?

家づくりにかかる費用は主に建物本体価格、屋外給排水工事費(下水道管接続、浄化槽など)、付帯工事費(仮設足場、解体工事費など)、各種申請費用(確認申請、検査費用、都市計画法申請費など)、カーテン、照明器具、その他オプション工事費用などがあります。

土地をお持ちでない場合は土地購入費用、改築等をご希望の方は解体費・仮住まいの住居(アパートなど)の費用、引越し費用、家具家電購入費などお客様の状況により必要な費用が出てきます。
また、お持ちの土地の地盤が軟弱な場合には建物を安全に立てられるようにするために土地の改良工事が必要となります。工事以外で掛かる費用については、自分たちに必要となりそうな項目をPICK UPしておくことをオススメします。

Share
ここに掲載されていない質問があるのですが…

掲載されていないご質問がある場合は、以下よりお気軽にお問合せください。

<お問合せ・資料請求>
http://trinityhouse.jp/linecontact/

Share
まだ土地がないのですが、いまから相談しても大丈夫ですか?

はい、もちろんです。ご遠慮無くご相談下さい。
土地探しのお手伝いをさせていただくのはもちろん、家づくりに必要な費用を明示した「資金計画書」を作成することも可能ですので、そちらをもとに土地購入の金額も全体のバランスからご検討頂けてよいかと思います。

Share
そろそろ家を建てようと思います。具体的に何から始めればよいでしょう?

まずは現在のライフスタイルを見つめ直すことからはじめてはいかがですか?
「家族が増えてもっと広い家に住みたい」「キッチンが暗くて使いづらい」など、今の暮らしの中での不便さや快適さを考え、それを踏まえた上で新しい家でどんな風に暮らしたいのかをイメージすることが大切です。きっと自分や家族の様々な思いが見えてくるはずです。

それから、建物や土地にかけられる資金のおおよその予算を出してみることです。資金についてはわからないことが多いと思いますので、お気軽にご相談下さい。

Share

カテゴリから探す

家づくりについて

自然素材を使いたいのですが可能ですか?

はい、可能です。
弊社は注文住宅での家づくりをしておりますので、仕様についても柔軟に対応させて頂いております。例えば「室内の床を無垢材にしたい」「壁を珪藻土や漆喰仕上げにしたい」など、使いたい素材などがございましたらご遠慮無くおっしゃってください。プランニングやご予算とのバランスも見ながらご提案いたします。

Share
建物が完成するまでの期間はどれくらいですか?

基礎工事着工からおよそ120日(約4ヶ月程度)かかります。
お客様の建築予定地によっては確認申請のほかに都市計画法による申請業務が必要になることもありますので、それによってプラス1〜2ヶ月ほどかかる場合がございます。

Share
アフターメンテナンスはどうなっていますか?

建物お引き渡し後の点検時期は6ヶ月、1年、2年、5年、10年です。
弊社担当が定期的にご訪問しお住まいをチェックいたします。気になる点はもちろん、外内装設備のリフォームなどもお気軽にご相談ください。
※点検後必要と判断されたメンテナンスも内容によっては有償になる場合がございます(例:故意につけられた傷など)

Share
木造住宅の耐震性について不安です

品確法(住宅の品質確保促進法)の住宅性能表示に[耐震等級]という項目があります。
弊社は自由設計でご提案をしていますが、大切なお客様のお家の将来のことを考え耐震等級は2以上で計画することを勧めています。
また、地震に強い工法を採用していますので、安心して家づくりをおまかせ下さい。
※工法についてはFAQの「家を建てるときの工法について教えてください。」をご覧ください。

耐震等級とは…
等級3:建築基準法の 1.5 倍の建物強さ
数百年に一度程度発生する地震力の 1.50 倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度。
等級2:建築基準法の 1.25 倍の建物強さ
数百年に一度程度発生する地震力の 1.25 倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度。
等級1:建築基準法レベルの建物強さ
数百年に一度程度発生する地震力に対して倒壊・崩壊しない程度。


大きな地震発生後にテレビなどの報道で取り上げられるのは、必ずといっていいほど倒壊した木造住宅。しかし倒壊した木造住宅について検証してみると法改正以前の建物がほとんどで、バランスの悪い間取りや構造材などの劣化による問題を抱えたものが多くありました。法改正後に建築基準法に適合した建物では倒壊したものはなかったに等しいといわれていますので、必ずしも木造住宅だから耐震性が低いとはいえません。

Share
家を建てるときの工法について教えてください。

トリニティハウスでは昔ながらの「木造軸組工法」に耐力壁としてパネルを組合せた工法を採用しています。
耐力壁となるパネルを組み合わせる建て方は、部分的に力が集中して加わることがなく建物の「面」全体に力を分散し、バランス良く受け止めるので地震や台風などの外からの力に対してとても強い構造です。

image08

Share
保証はどんなものがありますか?

シロアリ保証:竣工後10年以内にシロアリの被害発生に対しての保証です。
地盤保証:不同沈下しない地盤の品質が最長20年間保証されます。
瑕疵担保責任保証(JIOわが家の保険):新築住宅に不具合(瑕疵)が合った場合には、住宅業者が費用を負担し治すことが品質確保法によって義務付けられています。※事業者が加入する保険なので、お客様が直接申込をする保険ではありません。

Share
外観のデザインや間取りは自由に決められますか?

はい、もちろんできます。
弊社は企画住宅や建売住宅ではなく、注文住宅での家づくりをしていますのでお客様のご要望を取り入れてご提案いたします。
過去の施行例やプラン例などは以下よりご覧いただけます。
<施工例とプラン例>

Share
「相談無料」とは、どこまでが無料ですか?

基本的には、ご契約頂くまでは図面のご提案〜資金計画、建物のお見積を無料で提示させて頂いております。この間の図面修正等で料金が発生することはありません。不安なこと不明点はどんどんご質問ください。
間取りやデザインがおおよそ決まり、最終的な建築予算をご確認頂きましたら弊社での建築の意思確認をさせて頂きます。

Share
注文住宅はいろいろ選べて楽しそう。でも決めることが多くて大変なのでは?

正直申し上げて、間取りや仕様が決まっている企画住宅などに比べれば決めることがたくさんありますので、大変なことも多いと思います。

ですが、大変な部分や難しいことは私たちが解決できるようしっかりサポートしていきますので、お客様は「このように暮らしたい」や「こんな雰囲気のインテリアにしたい」といった漠然なイメージをおきかせ頂ければ大丈夫です。ご要望をお伺いした上でご予算やイメージに合う空間や素材、間取りや外観デザインなどをご提案させて頂きます。

また好みの雰囲気等が掲載された雑誌の切り抜きやイメージ写真などもお持ち頂ければよりご要望に沿ったご提案ができると思います。

Share
そろそろ家を建てようと思います。具体的に何から始めればよいでしょう?

まずは現在のライフスタイルを見つめ直すことからはじめてはいかがですか?
「家族が増えてもっと広い家に住みたい」「キッチンが暗くて使いづらい」など、今の暮らしの中での不便さや快適さを考え、それを踏まえた上で新しい家でどんな風に暮らしたいのかをイメージすることが大切です。きっと自分や家族の様々な思いが見えてくるはずです。

それから、建物や土地にかけられる資金のおおよその予算を出してみることです。資金についてはわからないことが多いと思いますので、お気軽にご相談下さい。

Share

ローン・お金について

予算や土地の条件内で最適な間取りはできるものですか?

はい、様々な条件を考慮して最適なご提案をいたします。
しかしながら、現実的・物理的に無理な場合もあります。もちろん打合せを進めていく中でよりご要望に近づけられるよう私たちも努力しますが、お客様にも譲歩いただくものも出てきてしまかもしれません。その場合にはじっくりご検討頂き、すり合わせをし、ご納得頂いた上で進められたらと思います。

Share
見積りの他に追加費用が発生しますか?

お客様のご要望で追加したものがあればその分追加費用が発生します。
図面が確定してご契約頂きますと、その後は建物の外壁の色や室内の床・壁・天井の色、キッチンやシステムバスなど設備機器の色を決める「カラーコーディネイト」という打合せがあります。その際に、例えば「やっぱりこの部屋の床を無垢材にしたい」や「壁紙ではなく一部にタイルを貼りたい」など仕様の変更をされますと、その分追加費用がかかります。

打合せの中で、いま自分たちがどれくらい追加をしているのか、または無くしたものに関しては減額となりますので、それらがきちんと把握できるよう打合せの中でご提示してきます。
突如「追加工事費用◯◯万円がかかります」といった見に覚えのないことでの追加費用の請求はもちろんありませんで、ご安心下さい。

Share
頭金がなくても住宅ローンは組めますか?

はい、大丈夫です。
頭金があることでより安全で無理のない住宅ローンの返済プランを立てることができますが、頭金がなくても住宅ローンを組むことは可能です。ただ、お客様の現在の状況や金融機関の審査の基準によって変わってくる部分ですので、ご相談頂ければどの金融機関が最適なのかをお伝えすることができます。

また、一般的に頭金の理想額は住宅価格の20%程度と云われています。(2000万円の家の場合、400万円程度)いまは頭金なしでローンを組まれる方も多くいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談下さい。

Share
家づくりの費用にはどのようなものがありますか?

家づくりにかかる費用は主に建物本体価格、屋外給排水工事費(下水道管接続、浄化槽など)、付帯工事費(仮設足場、解体工事費など)、各種申請費用(確認申請、検査費用、都市計画法申請費など)、カーテン、照明器具、その他オプション工事費用などがあります。

土地をお持ちでない場合は土地購入費用、改築等をご希望の方は解体費・仮住まいの住居(アパートなど)の費用、引越し費用、家具家電購入費などお客様の状況により必要な費用が出てきます。
また、お持ちの土地の地盤が軟弱な場合には建物を安全に立てられるようにするために土地の改良工事が必要となります。工事以外で掛かる費用については、自分たちに必要となりそうな項目をPICK UPしておくことをオススメします。

Share

メーカー・工務店選びについて

何社か比較して決めたい…相見積もりをしてもいいですか?

これについては否定はいたしません。はじめての家づくりで不安なことが多いはずですので、ある程度の比較検討は必要だと思います。

しかし、正直申し上げて住宅の建築費の相見積もりはおススメしません。なぜなら、会社ごとに工法や仕様が違うため単純な比較ができないからです。もしいろいろ比較したいのであれば条件を揃えて、自分たちが何を見定めたいのか目的を持ってからリサーチすることです。

Share
相談会に参加するとしつこく営業されるのでは?

弊社では無理な営業行為はしておりませんのでご安心下さい。
そういった活動に時間をかけるよりも、私たちの家づくりに賛同してくださった方に少しでもよい提案をするために時間を費やしたいと考えております。

ご予約等は手軽なLINE@もご利用頂けます。
友だち追加

各種お問合せや資料請求は以下よりお申込みください。
<お問合せ・資料請求>

Share
他社と話を進めていますが、意見が合わず中々進みません…。

もしお困りでしたら、ぜひ私たちにもご相談下さい。
弊社ではお客様との打ち合わせ時には空間をイメージしやすいよう図面やパース、場合によっては模型などで確認して頂いておりますので、よりご意向に沿ってお打ち合わせをさせて頂けると思います。

特に家づくりは決めなければいけないこと、伝えなければならない空間のイメージなどがたくさんあり、細かく蜜に打合せをしていかなければお客様との間に溝が広がってしまこともありえますので、ひとつずつ解決していければと考えております。

Share

土地選びについて

なかなかいい土地が見つかりません…どうすればいいですか?

土地に求める条件をリストアップして、家族みんなで優先順位をつけてみましょう。
例えば、南面道路、◯◯学区内、スーパー・コンビニが近い、病院が違い、価格は◯◯万円以内、広さは◯◯㎡くらい、など…その中で本当に譲れないものが見えてくるはずです。条件を3つ程度に絞ってから市場に出ている物件の中から選ぶことは、それほど難しくないことだと思います。

また、不動産屋さんとの連絡を蜜にしておくとご希望物件が出た場合にいち早く教えてくれると思いますよ。

Share
まだ土地がないのですが、いまから相談しても大丈夫ですか?

はい、もちろんです。ご遠慮無くご相談下さい。
土地探しのお手伝いをさせていただくのはもちろん、家づくりに必要な費用を明示した「資金計画書」を作成することも可能ですので、そちらをもとに土地購入の金額も全体のバランスからご検討頂けてよいかと思います。

Share

その他

過去の施工物件を見学することはできますか?

はい、可能です。
ただし、すでにご入居されているお客様のお家ですので、前もってご都合を伺う必要があります。ご事情によってはすぐにご案内できない場合もございますので、ご了承くださいませ。

Share
施工エリアはどこまでですか?

茨城県全域を施工対象としています。
詳しくはお気軽にお問合せください。

Share
相談会は予約しないといけないの?

はい。事前のご予約をお願いしております。
せっかくご来店頂いた時間に別なお客様のお打ち合わせが入っていたり、担当者が不在だったりと十分なご対応ができない場合がござます。お手数ですが、ご連絡をお願いします。

ご予約等は手軽なLINE@もご利用頂けます。
友だち追加

各種お問合せや資料請求は以下よりお申込みください。
<お問合せ・資料請求>

Share
ここに掲載されていない質問があるのですが…

掲載されていないご質問がある場合は、以下よりお気軽にお問合せください。

<お問合せ・資料請求>
http://trinityhouse.jp/linecontact/

Share

トリニティハウスに発信致します。
よろしいですか?