家づくりを成功させるためのポイント

2017/06/22

家づくりを成功させるには

トリニティハウスの家づくりNaviへようこそ!
マイホームを意識し始めるとまず、住宅展示場やモデルハウスに足を運んだり、雑誌をみたり漠然とした家のイメージから調べる方が多かと思います。それらも情報収集の活動として良いことです。でももっと一歩踏み込んだ家づくりを考えるなら、視点を変えて計画することが大切になってきます。

どんな家づくりの進め方も間違いということはありませんが、近道する方法は様々あります。トリニティハウス的に今回はその一部をご紹介したいと思います。

 

 

目次▼
・「いつから住みたいのか」を決める
・家づくりの流れを知っておこう
・暮らしをイメージしよう
・家づくりにかかる費用を考える

 

 

マイホームを意識したらまず考えておきたいこと

「いつから住みたいのか」を決める

ef48c740f44c4791a0edb8fab6934ddd_s

まずは、「◎年◎月◎日頃までには引っ越しがしたい」というゴール地点の設定からはじめてみましょう。そんなの漠然としすぎて難しい・・・と思われがちですが、お子様やご夫婦の仕事の状況などを踏まえれば、設定がしやすくなります。

 

例えば「お子様の進学時期に合わせて4月までには引っ越したい」や「ご主人の勤務先が変わりそうだからその結果を待って…」など。

具体的な時期を決めることによって、それまでのスケジュールを逆算することができるので、計画を立てやすくなるのです。

 

 

家づくりの流れを知っておこう

3d88d385a011c68dba71941b3b294dc1_s

日付を設定するのと並行して、実際に住宅会社に依頼した場合、家が建つまでどれくらいの日数がかかるのかを、ざっと把握しておきましょう。

建売であれば契約手続きや登記、住民票の移動等などあまり日数はかからないと思いますが、一から建てるとなるとそうはいきません。

 

【家づくりの主な流れと期間】
依頼先にもよりますが、計画を始めてからからおおよそ以下のような流れと期間がかかります。おおよそでも日数やどんなことが必要になるのかを把握しておくと、自分たちがいつまでに、何をしなければいけないのかが見えてきます。
▼トリニティハウスの家づくり主な流れ

■計画段階
住宅会社や家の情報収集、イメージづくり、資金計画、

 

■ご相談〜お打合せ(約2〜3ヶ月)
相談会や展示場での相談・検討、間取りの依頼、敷地調査、法務調査
具体的な資金計画・見積書
※土地の有無によって必要日数は変わります。

 

■契約~着工準備(約1〜1ヶ月半)
依頼先の確定・契約、実施設計、カラーコディネート打合せ、各種申請業務、最終図面の承認、地鎮祭、地盤調査、など
※建築地の状況により申請に日数がかかる場合があります。

 

■着工〜竣工(約3〜4ヶ月)
基礎工事着工、上棟工事、電気配線工事、外・内仕上げ工事、各種検査
※家の規模、申請

 

■完成〜お引き渡し
お施主様立会最終確認、お引渡し、お引っ越し

 

 

 

暮らしをイメージしよう

imasia_9544646_L

住宅会社の依頼先を検討するには、工法や性能、デザイン、仕様、価格、などさまざまな要素が出てきます。それらをすべて網羅するのはまず無理と言ってもよいでしょう。もちろん、出来る限りの検討をしたいという方もいらっしゃると思います。家づくりで自分たちが何を重視したいのかという点を考えておく必要もあります。

しかし、なにより大切にして頂きたいのは「新しい家でどんな生活をしたいのか?」ということです。

たとえば、モダンでカッコよく、真っ白い空間を作ったとして、そこで自分たち家族がリラックスして暮らせるかをイメージできますか?キレイに作ったけど、なんとなく遠慮がち、どこかよその家のような気がしてしまう…では、本当にいい家とは言えないと思います。

 

 

imasia_13449723_L

また、具体的にイメージができていないと、打合せの段階で家族の意見がコロコロ変わり、なかなか方向が定まらずいつまでたっても建てられない…なんてことにもなりかねませんし、結果こんな家が欲しかったんだっけ?とうことも起こり得ます。もちろん、そのお手伝いをするのが私たち住宅会社の仕事でもあるのですが、それでは本当の意味での“自分たちが住みたい家”ではなくなってしまうのです。

せっかく建てるのですから、納得感と満足感を得られる家をつくって欲しい、というのが私たちトリニティハウスの気持ちです。

 

imasia_16129400_L

もしイメージがしづらい、言葉にできない…という時には雑誌やホームページを印刷したものなど、目で確認できるものを担当者に渡し、そこからどうすればいいのかという打合せするのが近道だと思います。ですので、ここでの妥協はしないでください。

 

 

 

家づくりにかかる費用を考える

a290540f5d0f3c310f606d5f1ee41b34_s

家づくりにはさまざまな費用がかかります。今まで見たこともないような用語や項目などを目にする機会が断然増えます。

まずは、家を建てるために必要な費用を把握し、自己資金や住宅ローンを組む際の金融機関の選定、そしていくら借りる必要があっていくらまで借りられるのか、ということを知ることです。

また、家を建てるには建物本体工事費以外にも付随してかかる費用がありますので、チラシなどでも建物だけの価格で判断してしまうのは危険です。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓↓

>>建物本体以外にかかるマイホームのコスト

 

 

こちらも合わせてご覧ください↓↓
トリニティハウスの家づくりNaviより
建物本体以外にかかるマイホームのコスト
テーマがある家づくり
家づくりをインテリアから考えてみよう
好きな家のカタチは、人それぞれ

Share

おすすめ人気記事


トリニティハウスに発信致します。
よろしいですか?