マイホームの内装仕上げについて(注文住宅トリニティハウス)


2019/01/25

トリニティハウスの、マイホームの内装仕上げについて。
住まいの内装材は様々ありますが、素材選びの前に「どんな空間にしたいのか・・・」という自分たちのテーマを固めることが上手にまとめるポイントになります。

<目次>
どんなスタイリングをしたいですか?
・自然素材を使ってあたたかな空間を作りたい
・クールで男前な雰囲気にして、格好良く暮らしてみたい
・ヴィンテージテイストの北欧家具が似合う、シックで落ち着く空間がいい

主なコーディネイト素材
・床材
天然木の床
無垢フローリング
フローリング

・壁・天井
インテリアクロス
レンガ・タイル
塗り壁

まとめ

どんなスタイリングをしたいですか?

●自然素材を使ってあたたかな空間を作りたい

→→無垢の木の床に、漆喰や珪藻土の壁仕上げ。

 

●クールで男前な雰囲気にして、格好良く暮らしてみたい

→→壁の一部にレンガを張り、床は古材のような味のある床材。

 

●ヴィンテージテイストの北欧家具が似合う、シックで落ち着く空間がいい

→→アッシュ色の床材に、壁または天井に木を縦張り、一部にダーク色のインテリアクロス。

 

といったように、イメージする空間によって使う素材、似合う素材も変わってきます。

トリニティハウスでは、お客様がイメージする「心地の良い空間」にできるよう、一緒に打ち合わせをして決めていくスタイルです。

もちろん、予算があることですので、その範囲内で最良のご提案にしたいと思っています。

主なコーディネイト素材

■床材

【天然木の床】

年月を経るごとに味わいが増す、無垢の床は夏はサラサラ、冬はぬくもりを感じられる優しい素材です。なんといっても傷も味わいとなる、そんなマジックが魅力だったりします。

 

【無垢フローリング】

深い色合い、表情豊かな木目、しっとりとした質感など、樹種によって様々な表情を楽しむことができる無垢材のフローリング。床暖房にも対応していたり、天然木の床にくらべて水分の吸放湿による膨張、反りなど木材への影響が軽減加工されている商品も。

 

【フローリング】

幅広い色柄のラインナップで、様々なインテリアコーディネイトを可能にします。一見すると無垢材のような表情のある商品もあるため、雰囲気を出したいけどコストを抑えたい・・・というときに強い味方になってくれます。

 

 

■壁・天井

【インテリアクロス】

「こんな空間がいい!」を十分に叶えてくれる、インテリアクロス。色柄の選び方次第で、どんなスタイルリングも可能に。塗り壁調やレンガ・タイル調、木板調など、その数1000種類以上!洗面脱衣室などの湿気がこもりがちな空間には吸放湿性能のあるものや、防滴加工のあるものを選べば汚れやカビなどの対策もできます。

▲黒板になる壁紙も!

 

▲男前な空間づくりも!

 

▲天井にアクセントを!

 

【レンガ・タイル】

やっぱり本物素材は使ってみたい!という時に。

 

 

【塗り壁】

漆喰や珪藻土などの塗り壁材は、夏は湿気を吸い、冬の乾燥する時期には吸収した水分を放出してくれるので、自然に環境を整えてくれます。また消臭効果もあるため、例えば室内で焼き肉をしても次の日には匂いが残らないという利点も。

漆喰と珪藻土は塗り壁材と一括りにされていますが、成分が違います。

 

◎漆喰

石灰石という岩石を原材料です。
漆喰は石灰石を原材料に水や特殊なつなぎ材を使って製造するため、メーカーによって漆喰の品質が大きく異なることは少ない。

【仕上がり】漆喰は表面をツルッとした仕上げにしたり、コテの跡を残して仕上げるなど、様々な塗り方のパターンを楽しむことができます。

 

◎珪藻土
藻類の一種である珪藻の殻が堆積したものです。
漆喰や泥、化学繊維でできた壁材を混ぜ合わせて使います。そのため、配合する原料によっては、珪藻土がもっている調湿性を低下させてしまったり、自然素材の珪藻土を塗ったはずなのに化学合成接着剤の臭いがしてしまうことも。選ぶなら天然自然素材でできた漆喰を50%程度配合させた珪藻土が良いでしょう。

【仕上がり】珪藻土は漆喰のようにツルッとした仕上がりというより、ザラザラ感が残る仕上がりになるため、より素材の風合いを楽しみたい方にはおススメです。

 

ここ数年、男前インテリアや塩系インテリアなどが流行っていますが、このスタイルを好む方にはモルタルでコンクリート打ち放し仕上げるのも多いです。

 

【まとめ】

弊社トリニティハウスは、初期段階でお見積りを出す際には基準となる仕様は定めていますが、それはあくまでもそれ以上、以下を出すための基準でしかありません。

詳しいご要望をお伺いしながら、お客様がご希望されるスタイルとご予算に合わせて最適なご提案をいたします。

まずは、家づくりをする上での要望を出し切る事が大切です。

あとから、「あれもよかったのに」「これもやりたかった」という後悔をしないために、すべて吐き出してから取捨選択して、自分たちが納得できる家づくりして頂きたと考えています。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

トリニティハウスのオフィシャルHPはこちら↓↓
https://trinityhouse.jp/

トリニティハウスInstagramもやってます!
https://www.instagram.com/trinityhouse.jp/

家づくり情報満載のトリニティハウス家づくりNaviもご覧ください↓↓
https://trinityhouse.jp/navi/

茨城県つくば市で注文住宅ならトリニティハウス
ご相談は以下よりお願いします。
TEL.0120-933-053(水曜定休)
お問合せはこちら>>

Share

おすすめ人気記事


トリニティハウスに発信致します。
よろしいですか?